adsemse

Apple Watchのある暮らし 第1回 ポモドーロテクニック

Apple Watchのある暮らし 第1回 ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニック

現代社会では効率的に物事を捌いていくスキルが求められます.それは仕事においても勉強においても同じ.しかし,ついグダグダしてしまったり,気持ちが切り替えられなかったりと時間を浪費してしまいがちなのも人間の性でしょう.特にTwitterやYoutubeなど,どこでも簡単にアクセスできてしまう誘惑があるのも現代社会ならでは.
そんな背景もあってもか,本屋さんに行くと”ライフハック” ,”仕事術”,”時間管理術”といった本が売れているのをよく目にします.

かくいう私もそんなグダグダ族の一人なので,常日頃からどうしたら時間を上手く使えるか考えています.そこで見つけたのがポモドーロテクニック.メンタリストとして有名なDaiGoさんのこちらの著作で知ったものです.

こちらの本からポモドーロテクニックについての説明を引用させて頂きます.

これは、25分の集中と5分の休憩をくり返すというもの。作家のフランチェスコ・シリロによって考案されたもので、「ポモドーロ」という名前は彼が学生時代に愛用していたトマト型のキッチンタイマーにちなんでつけられたそうです。その方法論はシンプルで、取り組むべきタスクを短い時間単位に分割し、5分間の休憩を挟みながら処理していくだけ。時間をかけずに集中状態に入るための訓練にもなり、続けていけば、注意力や集中力も強化されます。

メンタリストDaiGo. 自分を操る超集中力 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1912-1917). Kindle 版.

25分→5分休憩→25分→5分休憩のサイクルによって作業していく.ポイントは,その25分間でタスクを一つだけ片付けるように設定します.これはデッドライン効果と呼ばれる心理学の研究の応用だそうです.時間を一つのことのために短く設定することで,その時間を最大限活用しなければならないため,集中力が上がるのです.

この25分間では「1つのこと」に集中してください。「この25分で、これだけやればいい」と思うと、それ以外考えなくて済むようになる。つまり、迷わなくなるのです。「集中する」ということは、「やることに注目する」ということ。この「他のことをしない」「代わりのことをやらない」というルールを守るだけで、集中力が必ず高まります。ところが、「今日は作業に当てられる時間が8時間もある」と思い、「あれもこれも片づけよう」と考えた途端、集中力は散漫になり、コントロールできなくなります。

メンタリストDaiGo. 自分を操る超集中力 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1929-1932). Kindle 版.

Apple Watch×ポモドーロテクニック

このポモドーロテクニックをさらに便利にするのがApple Watch.使うアプリは純正のカレンダーのみです.この組み合わせでサクサクと仕事を進められます.

使い方

まず,iPhoneかMacでカレンダーアプリを起動させます.Macの方がカレンダーの一覧を見やすいことと,スケジュールのコピーアンドペーストが使えるので,私はMacを使って設定しています.もちろんiPhoneでも可能です.

早速,新規のイベントを作成します.作業をしたい時間帯をクリックすると新規イベントが作成されます.この時,そのイベントを25分に設定します.そして,キーポイントは通知の項目を2つ設定することです.設定するタイミングは,イベントの5分前イベントの開始時刻です.イベントを作成できたら,それと同じ設定で別のイベントを新たに作成します.新しいイベントは最初に作ったイベントの5分後から始まるようにします.通知の設定がめんどくさい場合は,最初に作ったイベントをコピペしてイベント名と時間だけ変更すると楽に作成できます.自分の予定に合わせて,イベントを追加していきましょう.

実際に作ったカレンダーはこちら.
この日は授業の予習, ブログの執筆,プレゼン用のパワポ作成,エッセイを進めなければならなかったのでこういうスケジュール.全てのイベントには先ほど設定した通知が適用されています.

実際に作ったカレンダー

では早速,予習を進めていきます.すると25分経つタイミングでApple Watchが手首をトントン.

“5分後にBLOGを書き始めてね”と伝える通知

これで25分経過したことが分かります.やってみると25分というのはかなり短くて「もう終わり?」という感じ.しかし,これがポモドーロテクニックの特徴.作業が終わっていても途中でも,ここで中断して5分休憩をします.私はこの間にマインドフルネスや軽いストレッチをします.

5分経つとまたApple Watchが手首をトントン.

“BLOGを書く時間になったよ”と伝える通知

「お,次はブログの時間か.よし書くぞ」という風にまた25分のサイクルがスタートします.こうして先にスケジュールを決めておけば,あとはApple Watchが全て管理してくれる.ちょっと便利な暮らしの完成!

Apple Watch×ポモドーロテクニックの良い点

この活用法の良いところは5つ.

  • Appleの純正カレンダーなのでアップデート切れの心配がない
  • カレンダー形式でタスクが管理できるので見やすいし把握しやすい
  • 後日,振り返る時にも自分が何をしていたか分かりやすい
  • 先にスケジュールを組むので一回一回タイマーを設定する必要がない
  • Apple Watchが管理してくれるので,自分は目の前の作業に集中できる

私は夜に,明日のスケジュールをカレンダーに設定してから眠るようにしています.こうすることで次の日には「今日はどうしよう?」と考える必要が無くなり,起きてから寝るまでApple Watchの通知を見れば自分が今何をする時間なのか把握できます.
つまり,余計なことを考える必要がありません.

まとめ

Apple Watchとポモドーロテクニックの連携は最高です.あなたのスケジュール管理を助ける秘書になってくれます.

次はこちら